三重の茶道具買取について

三重茶道具買取は藝品館へおまかせ下さい。大切にされてきた茶道具、お引き継ぎになられた茶道具類を高価買取いたします。
茶道具というと大きく広い範囲ですが、骨董としての茶道具と、比較的新しい茶道具がございます。また流派や家元によっても裏千家、表千家や藪内流など多くの流派もございますが、どの流派での御道具でも対応させていただくことは可能です。

出張査定は無料で対応させていただきます。遠方であっても、鑑定料など査定額が変わることはございませんのでご安心の上、お気軽にお申しつけいただければと思います。
またお稽古用の比較的近年の新しい作品や、逆に古くて箱の状態がボロボロのもの、状態の悪いものでも問題ありません。茶道具の買取はぜひ藝品館にお申し付けください。売買の個人情報は秘密を厳守し、お取引させていただいております。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

茶道具に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。

またこちらのページでも茶道具の買取に関する説明をさせていただいております。
茶道具の買取について

茶道具の買取における藝品館の強み

茶道具は一点ものとそうでないものがございます。お稽古用の気軽なものから、これはひょっとして、と思い入れのある逸品まで誠心誠意一点一点査定鑑定し、買取させていただきます。
創業六十年の確かな経験と、長年のお客様、愛好家様のご要望を多くお受けしているからこそできる独自の鑑定法と買取価格です。

三重県ゆかりの茶道具

三重県内でもゆかりの茶道具を鑑定買取させていただくことは多々ありますが、普段使いの茶道具にも、オリジナルで元々昔に珍重されていたものを模した道具や家元の好みを反映した漆器など、茶道具でも多岐に及び、背景の歴史は非常に深く、興味深いものがあります。

三重県は伊勢神宮があり古くから様々な文化人の行き来は盛んでしたが、茶道具に関しても多く伝来し作陶されています。伊賀焼、桑名焼、万古焼、安東焼、有節万古、阿漕焼、射和万古、松阪万古など幕末から大正、昭和にかけてまで続いたものもあります。
特に伊賀焼は古伊賀と言われ、御留山の白土を使い焼かれた古伊賀の花生や水指は、焼き上がりも美しく、赤く火照ったような独特の肌と緑釉のビードロの絶妙な味わいは数々の著名な陶工が模倣しましたが、再現は難しく、桃山江戸初期の茶陶は天下一の茶道具として大名や有名な売立でも度々登場することになりました。
また万古焼についてですが、薄手で緻密に作られた茶道具は近年中国ブームに乗り切れてないまでもそのクオリティ、品質は目を見張るものがあり、中国ブームが必ずくると予想します。有節万古ではピンク色臙脂色の美しい釉薬は現在の技術を持ってしても、再現することすら難しい絶妙な色合いと評価されています。

また大名物の白天目茶碗の中に伊勢天目というものがありますが、伊勢地方でそのような窯はまだ発見されておらず、文献にあるだけですが、茶碗の名前の由来には非常に興味深いものがあります。
三重県由来のものとして、よく古美術や茶道具の世界で使われる物語、背景や、風景に伊勢物語が使われます。これも三重県の当時からの茶道界での存在感を表しているのではないでしょうか。三重では地元の郷土の茶陶を愛する人も多く、近世でも窯元となんらかの形で共同的に作家さんと歌人や著名人が作陶に関わってきました。

御道具に関して考察しますと、胴張棗という三代宗哲作の珍しい形の棗があります。これは三重県津藩の藤堂和泉守へ納められたもので六閑斎好みで全面黒漆で塗られていますが、蓋裏をよく見れば、その漆黒の中に黒い鳥が黒漆で描かれており、非常に渋い作風となっています。津藩の注文品かは文献上定かではないですが、今日庵に一つ残されています。

三重ゆかりの茶人・作家・茶道具関連人物

  • 川喜田半泥子
  • 佐久間勝山
  • 佐久間信春
  • 佐久間芳春
  • 藤堂高次
  • 藤堂高久
  • 森有節
  • 山中忠左衛門

三重の茶道具買取品目例

  • 万古焼
  • 四日市万古
  • 風炉
  • 天目台
  • 鉄瓶
  • 茶釜
  • 銀瓶
  • 蓋置
  • 茶碗
  • 茶器
  • 茶巾
  • 茶筅
  • 花籠
  • 掛け軸
  • 墨蹟
  • 古万古
  • 一志焼
  • 伊賀焼
  • 煎餅壷
  • 片口壷
  • 耳付花入
  • 菊型香合

など、茶道具全般の買取をいたしております。
記載以外の茶道具に関しましても買取させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

古くより蔵で受け継がれたものや遺品の相続などで、作者や品目、茶道具なのかもわからないというような場合でもご相談ください。
また茶道具以外にも、古い骨董品などございましたら買取可能です。下記のページもご参考ください。
三重の骨董品買取について

古い蔵

茶道具の買取の藝品館へお越しいただきありがとうございます。

茶道具は大切に使われて代々伝わってきている御道具です。
大切な茶道具、一点ものの茶道具だからこそ、一点一点鑑定し、必要とされている次のお客様へお繋ぎするのが使命と考えております。

茶道具は専門の美術商でないと鑑定が非常に難しく、伝来が重要な茶道具は江戸時代からの古書籍、データベースを所有している当館だからこそできるご提案が多くあります。

茶道具データベース

茶道具についてのご相談は藝品館へ、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせいただければ、パソコンからスマホから、フォームに沿って必要項目をご入力いただくだけで迅速に簡易査定させていただけます。
また当館からのご連絡方法は、お客さまのご都合で指定していただけます。

鑑定・査定
メールで無料お問い合わせ

電話受付時間 9:00 ~ 20:00
メールやLINEでの受付は24時間承っております。

買取・無料査定のご依頼から各種ご相談まで、お気軽にご連絡ください。
買取方法の詳細につきましては買取査定の流れをご参照ください。

スマートフォンならタッチするだけ、フリーダイヤル

LINEでの簡易お問い合わせも承っております。

所有者・購入時期・作者名・売却のご予定やご希望価格など、なるべくご依頼・ご相談の内容がわかりますような詳細を添えてお問い合わせください。
また査定業務等の都合により、ご返答にお時間を頂く場合もございます。
予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

LINEアイコン LINEでお問い合わせ

ID: geihinkan

藝品館LINE QRコード