京都の茶道具買取について

京都茶道具買取は藝品館へおまかせ下さい。大切にされてきた茶道具、お引き継ぎになられた茶道具類を高価買取いたします。
茶道具というと大きく広い範囲ですが、骨董としての茶道具と、比較的新しい茶道具がございます。また流派や家元によっても裏千家、表千家や藪内流など多くの流派もございますが、どの流派での御道具でも対応させていただくことは可能です。

出張査定は無料で対応させていただきます。遠方であっても、鑑定料など査定額が変わることはございませんのでご安心の上、お気軽にお申しつけいただければと思います。
またお稽古用の比較的近年の新しい作品や、逆に古くて箱の状態がボロボロのもの、状態の悪いものでも問題ありません。茶道具の買取はぜひ藝品館にお申し付けください。売買の個人情報は秘密を厳守し、お取引させていただいております。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

茶道具に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。

またこちらのページでも茶道具の買取に関する説明をさせていただいております。
茶道具の買取について

茶道具の買取における藝品館の強み

茶道具は一点ものとそうでないものがございます。お稽古用の気軽なものから、これはひょっとして、と思い入れのある逸品まで誠心誠意一点一点査定鑑定し、買取させていただきます。
創業六十年の確かな経験と、長年のお客様、愛好家様のご要望を多くお受けしているからこそできる独自の鑑定法と買取価格です。

京都府ゆかりの茶道具

京都は古くより茶の名産地でもあり、茶道も盛んな地域であったことから、当時の文化交流としては欠かせない茶道具の多くが現在も伝来し、また生産されています。

京都には土地柄多くの茶道具作家が現在も作陶していますが、尾形乾山はその中でも著名です。
京都小松原家に伝来した茶碗に乾山滝山水絵茶碗というものがあります。この茶碗は側面に力強く墨絵で描かれた絵付けが施されています。この絵付けと茶碗全体との統一感は、緻密に計算された絵付けではないかと思うほど、バランス良く胎土、釉調とも調和しており、口縁の口紅風の黒釉と相まって絶妙な品格があります。乾山の長年の教養と天性のセンス、熟練の筆致が奇跡の調和を自然と産んだのかもしれません。
乾山は多くの茶陶を残していますが、非常に教養のある人物であり、その勤勉さと当時唐物好みでもあった黄檗山の僧達との交流、兄光琳の文化的影響も多く受けた作陶は雅さだけでなく独特の独創的な雰囲気を醸し出しています。現在でも多くの茶道文化に影響を与えており、やはり数百年経った現在でも一目で乾山の陶磁器とわかる作風は圧巻であり、独自の境地を編み出したと言えます。

また花入の一つで、天下三舟の一つとされる針屋舟と呼ばれる名物の花入があります。この砂張舟花入は足利義政から武野紹鴎、そして千利休に渡り、京都上七軒の針屋宗春の所持となりましたが、大きな味わい深く力強く反った造形はバランスが取れて美しいものです。茶道具の命名において、当時の所持の商船の屋号として名付けられており、これは江戸時代など伝来の茶道具、特に東山時代からの砂張の花入には多く見られます。
掛け花入自体も竹、銀、銅など様々な素材で独自の作家が金工で彫金を施したり、侘び寂びある竹花入となっていたり種類に富んでいて茶人を飽きさせません。様々な作風、想像を超えた取り合わせがあるのも茶人を喜ばせようと考えた作者のおもてなしかもしれません。

京都ゆかりの茶人・作家・茶道具関連人物

  • 青木遊雅
  • 足利義政
  • 足利義満
  • 有岡道瑞
  • 粟田口善法
  • 生島二郎五郎
  • 石川丈山
  • 石黒道提
  • 井野口宗休
  • 円乗坊宗円
  • 大西浄雪
  • 尾形乾山
  • 尾形光琳
  • 織田有楽
  • 織田信長
  • 狩野永徳
  • 川端道喜
  • 京都三井家
  • 後藤宗伴
  • 兀庵普寧
  • 篠道耳
  • 松花堂昭乗
  • 千家
  • 久田宗也
  • 藤田宗理
  • 武者小路千家
  • 松本珠報
  • 村田宗珠
  • 楽吉左衛門

京都の茶道具買取品目例

  • 高麗茶碗
  • 茶器
  • 赤絵急須
  • 白磁建水
  • 青磁水指
  • 青磁花入
  • 鎌倉彫
  • 根来
  • 堆朱輪花盆
  • 貫耳花瓶
  • 天目台
  • 風炉
  • 鉄瓶
  • 茶釜
  • 銀瓶
  • 蓋置
  • 乾山焼
  • 茶巾
  • 茶筅
  • 二六焼
  • 花籠
  • 掛け軸
  • 墨蹟
  • 那智黒
  • 片口壷
  • 耳付花入
  • 菊型香合
  • 急須
  • 高麗物
  • 唐物
  • 銀蓋置
  • 純銀薬缶
  • 砧青磁香炉
  • 楽茶碗
  • 京鉄瓶

など、茶道具全般の買取をいたしております。
記載以外の茶道具に関しましても買取させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

古くより蔵で受け継がれたものや遺品の相続などで、作者や品目、茶道具なのかもわからないというような場合でもご相談ください。
また茶道具以外にも、古い骨董品などございましたら買取可能です。下記のページもご参考ください。
京都の骨董品買取について

古い蔵

茶道具の買取の藝品館へお越しいただきありがとうございます。

茶道具は大切に使われて代々伝わってきている御道具です。
大切な茶道具、一点ものの茶道具だからこそ、一点一点鑑定し、必要とされている次のお客様へお繋ぎするのが使命と考えております。

茶道具は専門の美術商でないと鑑定が非常に難しく、伝来が重要な茶道具は江戸時代からの古書籍、データベースを所有している当館だからこそできるご提案が多くあります。

茶道具データベース

茶道具についてのご相談は藝品館へ、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせいただければ、パソコンからスマホから、フォームに沿って必要項目をご入力いただくだけで迅速に簡易査定させていただけます。
また当館からのご連絡方法は、お客さまのご都合で指定していただけます。

鑑定・査定
メールで無料お問い合わせ

電話受付時間 9:00 ~ 20:00
メールやLINEでの受付は24時間承っております。

買取・無料査定のご依頼から各種ご相談まで、お気軽にご連絡ください。
買取方法の詳細につきましては買取査定の流れをご参照ください。

スマートフォンならタッチするだけ、フリーダイヤル

LINEでの簡易お問い合わせも承っております。

所有者・購入時期・作者名・売却のご予定やご希望価格など、なるべくご依頼・ご相談の内容がわかりますような詳細を添えてお問い合わせください。
また査定業務等の都合により、ご返答にお時間を頂く場合もございます。
予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

LINEアイコン LINEでお問い合わせ

ID: geihinkan

藝品館LINE QRコード