目黒区の骨董品買取について

東京都目黒区骨董品買取は藝品館へおまかせください。

美術品・絵画など幅広い分野の骨董品を査定買取いたします。専門の査定員が責任をもって対応させていただきます。

当館は出張査定無料です。お取引が成立しなかった場合に、出張査定・鑑定料などの費用を請求することはございませんのでご安心下さい。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

買取対応品目

ご実家の蔵整理や遺品整理など、県外も対応させていただきますのでご気軽にお問い合わせください。
鑑定無料、出張無料で対応させていただきます。※内容によってはお伺いできない場合もございますがご了承ください。

目黒の美術品・骨董品

東京都目黒区は桜の季節には花見客で賑わいますが、他にも多くの美しい見どころの美術館もあります。
目黒区美術館は一般的な美術品の展覧会だけでなく、秋岡芳夫や川村清雄など最近の作家や近代の巨匠、東山魁夷、藤田嗣治など日本の近代から現代美術においての流れを作家のそれぞれの作風や制作過程、他作品からの影響、海外からの影響など繊細な部分にも焦点をあて研究し企画展を行っています。

また日本を美術史において欠かすことのできない、民藝運動の中心人物である柳宗悦が創設した日本民藝館は、日本の民藝だけでなく朝鮮美術の美しさにも焦点をあて今までの古典的な完成を一新し新たな価値観を想像しました。
柳宗悦とともに民藝運動に注力し、今や日本を代表する陶芸家となったバーナードリーチや河井寛次郎、濱田庄司、芹沢銈介、棟方志功の作品も収蔵されています。

目黒区での買取事例

何紹基の中国掛軸や文房具類の査定買取をご依頼いただきました

ご先代様が書をしておられたとのことで、・古墨などの文房具類、さらに集めておられた書掛軸の骨董品を買取させていただきました。
書掛軸は日本の著名書家に加え、中国の能書家による書もいくつかございました。なかでも中国清代の何紹基の書を高額査定させていただきました。
中国書画は同じ作者であっても、書かれた時代や書体によっても全く雰囲気が異なってきます。今回は中国書画に精しい藝品館の査定員が鑑定・査定を担当いたしました。他社との相見積もりと伺っておりましたが、当館の査定額にご納得いただきお譲り頂くことになりました。
この度は、非常に貴重な中国掛軸を買取させていただきありがとうございました。

適切な鑑定によって査定額に大きな違いがあらわれます。中国書画の査定・買取は是非一度藝品館にご相談ください。

遂翁元盧の茶掛けなど茶道具を買取いたしました

今回、目黒区よりご依頼いただきました茶道具・骨董品のなかで、今回、遂翁元盧(すいおうげんろ)の茶掛掛軸を高く評価させていただきました。遂翁元盧は江戸時代中期の臨済宗妙心寺の僧で、白隠慧鶴(はくいんえかく)の法弟でありました。ぎょろりとこちらを一瞥する目が強く印象に残る、達磨の図です。鑑定させていただき、真作と判断させていただきました。
非常に希少な掛軸を買取依頼いただきまして、まことにありがとうございました。

棟方志功作品を買取いたしました

棟方志功作品の査定依頼をいただきました。以前購入された棟方志功ギャラリーのシールがありましたが、所定鑑定人の鑑定書を紛失されておりましたので、再鑑定交付ののち買取させていただきました。
著名作品では近年の贋作や類似品が多く、所定鑑定人の鑑定書が必要となるケースがあります。

遠方でもまた量によらず整理等で骨董品、美術品、絵画が出て参りましたらご気軽にご相談ください。
メールまたは電話一本でスムーズに対応させていただきます。
目黒区全域、また東京都の各地域で買取対応しております。