岡山の茶道具買取について

岡山茶道具買取は藝品館へおまかせ下さい。大切にされてきた茶道具、お引き継ぎになられた茶道具類を高価買取いたします。
茶道具というと大きく広い範囲ですが、骨董としての茶道具と、比較的新しい茶道具がございます。また流派や家元によっても裏千家、表千家や藪内流など多くの流派もございますが、どの流派での御道具でも対応させていただくことは可能です。

出張査定は無料で対応させていただきます。遠方であっても、鑑定料など査定額が変わることはございませんのでご安心の上、お気軽にお申しつけいただければと思います。
またお稽古用の比較的近年の新しい作品や、逆に古くて箱の状態がボロボロのもの、状態の悪いものでも問題ありません。茶道具の買取はぜひ藝品館にお申し付けください。売買の個人情報は秘密を厳守し、お取引させていただいております。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

茶道具に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。

またこちらのページでも茶道具の買取に関する説明をさせていただいております。
茶道具の買取について

茶道具の買取における藝品館の強み

茶道具は一点ものとそうでないものがございます。お稽古用の気軽なものから、これはひょっとして、と思い入れのある逸品まで誠心誠意一点一点査定鑑定し、買取させていただきます。
創業六十年の確かな経験と、長年のお客様、愛好家様のご要望を多くお受けしているからこそできる独自の鑑定法と買取価格です。

岡山県ゆかりの茶道具

岡山県は瀬戸内の地域の中でも茶道具の収蔵だけでなく、製作、作陶も盛んであった地です。

岡山に関連する茶道具としては、金海洲浜茶碗という茶碗があります。雪景色のような厚めの白釉がかかった茶碗で、一見、朝鮮舶来となれば、李朝の青みがかった釉かと思いますが、そうではなく、白の色味の強い釉がかかります。高台から胴部へは轆轤筋が凛々しくすっと入っており、この轆轤筋が何とも言えず見事なもので、白にうまく調和しています。
海外美術からみて日本美術の美的センスは余白をうまく使うと言われますが、これが侘び寂びの精神にも繋がったのではないないでしょうか。
また斬新ではありますが、それに加えて金海の特色と言える柔らかい赤みが薄く釉下から垣間見えます。割高台である点からも当時の上手の作品として考えられます。

この茶碗は小堀遠州の書付の箱に納められ、岡山藩の池田侯の家老であった伊木三猿斎から伝来し、今日に伝わっています。彼は茶人として有名な人物ですが、実は岡山県きっての虫明焼をはじめた茶人でもあり、虫明焼は茶陶を中心に現在も伝承され、多くの焼物を焼いています。

岡山ゆかりの茶人・作家・茶道具関連人物

  • 伊木忠澄/三猿斎
  • 池田継政
  • 池田綱政
  • 池田斉政
  • 池田光政
  • 池田宗政
  • 北村静香

岡山の茶道具買取品目例

  • 井戸茶碗
  • 茶器
  • 赤絵急須
  • 白磁建水
  • 青磁水指
  • 虫明焼
  • 備前焼茶碗
  • 備前茶器
  • 青磁花入
  • 堆朱輪花盆
  • 天目台
  • 風炉
  • 鉄瓶
  • 岡山万古焼
  • 茶釜
  • 銀瓶
  • 蓋置
  • 茶碗
  • 茶巾
  • 茶筅
  • 花籠
  • 掛け軸
  • 墨蹟
  • 片口壷
  • 耳付花入
  • 菊型香合
  • 急須
  • 高麗物
  • 唐物
  • 銀蓋置
  • 純銀薬缶
  • 砧青磁香炉

など、茶道具全般の買取をいたしております。
記載以外の茶道具に関しましても買取させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

古くより蔵で受け継がれたものや遺品の相続などで、作者や品目、茶道具なのかもわからないというような場合でもご相談ください。
また茶道具以外にも、古い骨董品などございましたら買取可能です。下記のページもご参考ください。
岡山の骨董品買取について

古い蔵

茶道具の買取の藝品館へお越しいただきありがとうございます。

茶道具は大切に使われて代々伝わってきている御道具です。
大切な茶道具、一点ものの茶道具だからこそ、一点一点鑑定し、必要とされている次のお客様へお繋ぎするのが使命と考えております。

茶道具は専門の美術商でないと鑑定が非常に難しく、伝来が重要な茶道具は江戸時代からの古書籍、データベースを所有している当館だからこそできるご提案が多くあります。

茶道具データベース

茶道具についてのご相談は藝品館へ、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせいただければ、パソコンからスマホから、フォームに沿って必要項目をご入力いただくだけで迅速に簡易査定させていただけます。
また当館からのご連絡方法は、お客さまのご都合で指定していただけます。

鑑定・査定
メールで無料お問い合わせ

電話受付時間 9:00 ~ 20:00
メールやLINEでの受付は24時間承っております。

買取・無料査定のご依頼から各種ご相談まで、お気軽にご連絡ください。
買取方法の詳細につきましては買取査定の流れをご参照ください。

スマートフォンならタッチするだけ、フリーダイヤル

LINEでの簡易お問い合わせも承っております。

所有者・購入時期・作者名・売却のご予定やご希望価格など、なるべくご依頼・ご相談の内容がわかりますような詳細を添えてお問い合わせください。
また査定業務等の都合により、ご返答にお時間を頂く場合もございます。
予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

LINEアイコン LINEでお問い合わせ

ID: geihinkan

藝品館LINE QRコード