岡山の骨董品買取について

岡山骨董品買取は藝品館へおまかせ下さい。

当館は出張査定無料です。お取引が成立しなかった場合に、出張査定・鑑定料などの費用を請求することはございませんのでご安心下さい。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

骨董品に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。

玄徳作南部鉄瓶 菊文末廣型
中国絵画 潘韵作山水画
掛け軸

岡山の美術品・骨董品

岡山県は備前焼で有名ですが同様に日本刀の制作の盛んな地域でもあります。
誰もが知るところである名刀の代名詞、備前長船が有名で瀬戸内市にある備前長船刀剣博物館では国宝太刀無銘一文字(山鳥毛)が展示されたり、作刀講座や日本刀の手入れの講座など幅広く門戸が開かれております。鎌倉時代に制作された国宝太刀 銘備前国長船住景光もまた傑作の備前長船の古刀の名刀です。

岡山県立美術館では地元作家の展覧会などが積極的に開催されていますが、実は中国絵画・書画も多く収蔵し中国南宋時代の玉澗の作品も収蔵されており、これは国の重要文化財に指定されています。
岡山市内には日本でも珍しい古代オリエントの美術館である岡山市立オリエント美術館があります。
新見市にあり富岡鉄斎や柴田是真も収蔵する新見美術館、倉敷市美観地区にある加計美術館では日中友好の展覧会も呉昌碩や西泠印社系統、近現代の中国書家の展示会も催され弊社鑑定員も参加いたしました。
林原美術館では中国美術品の収蔵もあるのですが、特に日本刀のコレクションが充実し平安時代から鎌倉時代にかけての備前長船・備前備州刀の収蔵数は日本でも随一と言えるでしょう。
高梨市ベンガラの里吹屋地区はベンガラで栄えた地域で当時の豊かな暮らしの中で骨董品も多く愛玩され収蔵され伝世しています。

古陶磁・日本刀以外でも茶道具類の制作も盛んで、漆器漆芸では逸見東洋などは緻密で中国骨董の堆朱や彫漆の作品群にも負けないクオリティーがあります。
人間国宝も多く輩出し、古備前の茶陶・古陶磁としての世界的評価はさることながら、金重陶陽・伊勢崎淳・藤原啓などの作家も近年も高く評価され人気のある作家です。
近年中国ブームにより国内外でも煎茶道具のブームが広がっていますが、特に岡山県近郊の金工作家の銀瓶は以前より評価されコレクターも多く弊社の得意とするところでもあります。
北村静香や真鍋静良の打出しの美しい作品は今後も評価が上がっていくことでしょう。

岡山での買取事例

岡山市・津山市・倉敷市など、骨董品買取について多数お問い合わせいただき、ありがとうございます。
過去に骨董品・古美術品や絵画等の買取でお伺いいたしました事例より、一例を列挙させていただきます。

金重素山の茶碗など茶道具を買取しました

茶道具のコレクション整理にあたって査定買取をご依頼いただきました。大変貴重な機会に当館をお呼びいただき、心より御礼申し上げます。
価値の高い茶道具がいくつかございましたなかで、今回高く評価させていただきましたお品物は、金重素山の茶碗です。金重素山は備前焼の陶工で、金重陶陽の弟、そして助手でもありました。ふくよかで、力が満ち満ちているような、非常に堂々とした作行きの茶碗です。景色も大変素晴らしく、このような素山の作品を拝見し、買取させていただきますこと、とても嬉しく思います。
倉敷市より、この度は希少な茶道具を買取させていただき誠にありがとうございました。

金重陶陽の備前徳利など骨董品を買取しました

津山市在住のお客様より、人間国宝・金重陶陽(かねしげとうよう)の備前徳利などの価値ある骨董品を多数買取させていただきました。金重陶陽は、北大路魯山人やイサム・ノグチとも交友がありました。お譲りいただきました金重陶陽の徳利は、古備前を思わせる窯変が大変味わい深い逸品です。
とても素晴らしい骨董品をお譲りいただきまして誠にありがとうございました。

長谷川潔の銅版画など絵画を買取しました

油絵や版画などの絵画を岡山市にて買取させて頂きました。
今回特に高く評価させて頂きました絵画は、長谷川潔(はせがわきよし)の人物画の銅版画です。アンニュイな夢を見ているかのような女性の表情が、とても魅力的な作品です。
長谷川潔は戦前に版画を学ぶためにフランスへ留学し、その後89歳で亡くなるまで日本に戻ることなくフランスで制作を続けました。フランスでは勲章や賞を受け、評価の高い銅版画家です。国内でもその希少な銅版画作品は大変珍重されています。
この度は、貴重な美術品絵画を買取させて頂きまして誠にありがとうございました。

陳寶琛や章炳麟の掛軸などを買取しました

倉敷市にお住まいのお客様より、掛軸と文房具などの骨董品を買取をさせていただきました。
ご親族様が書道をしておられたとのことで、文房具類、たくさんの古墨、印材、大筆、、水滴、文鎮などや、蒐集しておられた書掛軸をまとめてそれぞれ価格査定し買取させていただきました。
高く評価させていただきました掛軸には、中国清末の官僚・陳寶琛(ちんほうちん)や、同じ時代の学者であり革命家でもあった、章炳麟(しょうへいりん)の書掛軸がございました。陳寶琛の書は厳格さがありながらも堅苦しさはなく、澄み切った印象のあるとても素晴らしい書でした。また章炳麟の書は、独特なリズムのある運筆が魅力的な書でした。落款を拝見し、どちらも真筆と判断いたし、高価買取させていただきました。大変貴重な掛軸です。
この度はこのような価値ある骨董品を買取ご依頼下さり誠にありがとうございました。

岡山の美術コラム

日本の文学界を代表する名誉には「直木賞」と「芥川賞」があげられますが、後者の記念すべき第一回受賞者に選ばれた石川達三は、岡山の山間部:高梁で幼少期を過ごしました。この高梁市は、隣接する総社市とともに、かつては備中国として栄えました。かの禅僧:雪舟、洋画家:児島虎次郎もまたこの地域で幼少期を過ごしています。
一方、備前にまたがる岡山市周辺では浦上玉堂・小野竹喬・竹久夢二と、とりわけ近代以後に活躍した画家が多いのは注目すべき点です。

そのような岡山人の文化的気質は、今なお大切に保存されている岡山城・後楽園・倉敷美観地区等を見ても明らかではありますが、とりわけ近現代にかけては多くの名だたるパトロンがこの岡山県に集中していたことも見過ごしてはいけません。
たとえば大原孫三郎が開館した大原美術館、林原一郎の古美術品コレクションからなる林原美術館、福武總一郎が瀬戸内の離島を開拓してみせたベネッセ・アートサイト等々、世界有数のアート・コレクションがこの岡山県に満ち溢れています。近年でも、アパレル業界から突如として現れた石川康晴が先人たちに劣らない優れたアート作品を蒐集(しかもその所蔵品はインスタレーションが大半である)し、国内外のメディアを賑わせています。
このように、日本美術界におけるある種のパトロンの系譜が、岡山県内で脈々と受け継がれているという事実は非常に興味深いところです。

他方、津山をはじめとする美作地域も多くの文化人を輩出しています。
古くは浄土宗を開祖した法然上人も津山の出身であり、歴史的に非常に重要な地であることは間違いありません。あいにく現在の美作は当時の面影を失いつつありますが、それでも宮本武蔵生誕の地や湯郷温泉・津山城跡・ごんごまつりなど、見るべきものは多くあります。

さらに北へ上がると、かつては製紙産業(たとえば津山箔合紙)も盛んであった鏡野地域が、そして荒川修作と宮脇愛子の作品群が揃って並ぶ奈義町現代美術館が現れます。鳥取県との境に位置するこの辺りは林業・農業が盛んで、奥津渓・奥津温泉などが知られる一方、人形峠と呼ばれる辺りでは一時ウランの採掘が行われていました。これにちなんででしょうか、ウランガラスをテーマに設立された妖精の森ガラス美術館には、世界から厳選されたガラス作品が多数陳列されています。

南へ下がると瀬戸内海に面した築港銀座が私たちを迎えてくれます。
この少し手前の地域では、焼き物が盛んに作られました。それらは今備前焼の名で広く親しまれていますが、とりわけ鎌倉期の古備前は、過去を物語る一級品として東京国立博物館にも収蔵されています。臨済宗開祖:栄西は日本に茶(茶道)を伝えた人物と言われておりますが、彼もまた岡山県南部の出であることを思えば、「茶と岡山」は私たちが考えるよりも深いところで結ばれているのかもしれません。
ともあれ、1970年代ごろから備前出身の金重陶陽・藤原啓・山本陶秀らが次々と人間国宝に認定されたことで、備前焼再考の機運が更に高まりを見せたことは言うまでもありません。

ほかにも倉敷のはりこ・手織作州絣・撫川うちわ・備中和紙・がま細工・高田硯・烏城紬・虫明焼・津山ねり天神・郷原漆器などは、県内有数の伝統工芸品と謳われています。

この岡山から海を渡って活躍した人物もいます。17歳で単身渡米し、のちに大成功を収めた洋画界の巨匠:国吉康雄です。
同年代にはフランスで活躍した藤田嗣治もいますが、晴れて仏国籍を取得しカトリックの洗礼に授かったフジタに対し、クニヨシは最期までアメリカ国籍を得ることもできず、戦時中は日米の板挟みに遭い、日本人:国吉とアメリカ人:クニヨシの間で苦悩し続けました。
しかし彼の成功によって、少しばかり「オカヤマ」という語句がニューヨーカーの耳に入りやすくなったことは確かなことでしょう。

最後に、県内に現存する国宝をとり上げておきましょう。
まず建造物として、吉備津神社本殿及び拝殿・旧閑谷学校があげられます。前者はかの桃太郎伝説のモデルとなった地で、後者は江戸期の学問所を伝える貴重な建築として大切に扱われています。
また美術品の分野において、県内には7つの国宝が存在しています。なかでも絹本著色宮女図(伝桓野王図)は中国・元時代の逸品と伝えられておりますが、個人の所有となっているため、いまだその全容は詳らかとはなっておりません。

瀬戸内市では瀬戸内国際芸術祭や牛窓・亜細亜藝術交流祭が定期的に開催されています。
このように岡山県内のどこを切り取っても質の高い芸術・文化と触れ合える点は、他府県民の羨むべきところではないでしょうか。

岡山ゆかりの美術作家・関連人物

  • 飯塚竹斎
  • 池田継政
  • 池田綱政
  • 池田遙邨
  • 石井金陵
  • 石川康晴
  • 犬養毅/木堂
  • 飯塚竹斎
  • 浦上玉堂
  • 浦上春琴
  • 雲谷等顔
  • 大野昭和斎
  • 大原呑舟
  • 大原孫三郎
  • 岡本豊彦
  • 尾上柴舟
  • 小野竹喬
  • 金重素山
  • 金重陶陽
  • 金重道明
  • 木口九峰
  • 北村静香
  • 国吉康雄
  • 黒田綾山
  • 鍬形蕙斎
  • 児島虎次郎
  • 小山冨士夫
  • 柴田義董
  • 清水比庵
  • 正阿弥勝義
  • 直原玉青
  • 寂厳
  • 雪舟等楊
  • 竹久夢二
  • 津田白印
  • 徹書記
  • 野崎廣太/幻庵
  • 林原一郎
  • 東原方僊
  • 平櫛田中
  • 広瀬臺山
  • 福武總一郎
  • 藤本鉄石
  • 藤原啓
  • 藤原雄
  • 淵上旭江
  • 逸見東洋
  • 法然
  • 堀和平
  • 松岡壽
  • 真鍋静良
  • 宮本武蔵/二天
  • 明菴栄西
  • 森田思軒
  • 山本竹雲
  • 山本陶秀
  • 柚木玉邨

岡山の買取品目例

など、骨董品・美術品全般の買取をいたしております。詳細な品目例は買取品目の一覧にも記載しております。

ご先祖様の残したものや、遺品・譲り受けたものなどで、作家のわからないもの、骨董品・美術品なのかどうかもわからないといった場合でも、お気軽にお問い合わせください。また、記載の作家・品目でございましても、状態・真贋などによりましては対応できない場合がございますがご容赦ください。

まずはメール、またはお電話をお待ちしております。お気軽にご相談ください。

岡山県の美術館

  • 井原市立田中美術館
  • 大原美術館
  • 岡山県立美術館
  • 岡山市立オリエント美術館
  • 加計美術館
  • 笠岡市立竹喬美術館
  • 倉敷民芸館
  • 倉敷市立美術館
  • 瀬戸内市立美術館
  • 高梁市成羽美術館
  • 奈義町現代美術館
  • 新見美術館
  • 華鴒美術館
  • 林原美術館
  • 備前市立備前焼ミュージアム
  • 備前市吉永美術館
  • 夢二郷土美術館