富岡鉄斎作品の買取について

藝品館では富岡鉄斎作品の買取査定を行っております。
富岡鉄斎の山水画などの水墨画・絵画掛軸屏風陶磁器等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

富岡鉄斎という人物

富岡鉄斎 (とみおかてっさい 1837-1924) は京都生まれの文人画家・儒者で、近年中国でも注目されています。
名を道節、のちに百錬。字は無倦。別号として鉄崖・鉄史など。
独特の運筆の画風で水墨山水、陶磁器など多くの作品を残しています。

京都の土産にもなり人気を博した太田垣蓮月とは親子のような関係で、彼女から薫陶を受け創作活動を共にし、地元京都にも多くの作品を残しています。
大正六年には帝室技芸員に命ぜられました。

また鉄斎は明治画壇の中でもいち早く揚州八怪を評価し、鄭板橋に共鳴しました。儒学を深く学び本来の中国画の良さを何より感じていた鉄斎であれば当然の流れなのかもしれません。

富岡鉄斎の画風

富岡鉄斎は画風の中でとりわけ構図を大切にしました。
それは晩年の山水画の大作の精緻な筆のリズム、賛の入り方、全てに圧巻のバランスと迫力を感じさせるものとなっています。

鉄斎は中国の古墨も収蔵し自身の墨も特別注文にて用意していました。良質な墨と非凡な鉄斎、様々な歴史的条件が奇跡の調和を生み墨痕淋漓な中、緊張感を持った厳しく素晴らしい作品が生まれたのです。