青森の骨董品買取について

青森骨董品買取は藝品館へおまかせ下さい。

当館は出張査定無料です。お取引が成立しなかった場合に、出張査定・鑑定料などの費用を請求することはございませんのでご安心下さい。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

骨董品に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。

あられ銀瓶
唐物段泥急須と煎茶碗
中国絵画 劉済栄人物画

青森の美術品・骨董品

青森県は本州の最北端で江戸時代は弘前藩、盛岡藩、八戸藩、黒石藩が独立し形成されていました。

ねぶた祭や温泉街で有名な県ですが、著名な世界的版画家棟方志功の出身地でも有り、生涯に渡って制作された多くの版画が美術館だけでなく温泉旅館などにも多く展示されています。
棟方志功が滞在し創作活動を行っていた浅虫温泉椿館には、玄関ロビーを抜けると現在も彼の当時描いていた多くの作品が展示されています。 棟方志功記念館には多くの画伯の魂を込めた遺作の数々を見ることができます。

陶芸では民芸な悪戸焼、大沢焼、下河原焼などがありまた土地柄埴輪や土器も多く発掘され、縄文式土器はフランスをはじめ現代アート界からも脚光を浴びる存在となりました。

青森での買取事例

青森市・八戸市・弘前市・つがる市など、骨董品買取について多数お問い合わせいただき、ありがとうございます。
過去に骨董品・古美術品や絵画等の買取でお伺いいたしました事例より、一例を列挙させていただきます。

中国陶器の茶道具を買取しました

弘前市にてご先代様より引き継ぎになられた骨董品の茶道具を査定させていただき、中国元時代、龍泉窯で焼かれた飛青磁の花生を高価買取させていただきました。
飛青磁とは、器に鉄粉を置き、その上から青磁釉をかけて焼成された非常に美しい青磁器です。中国では酒器として用いられましたが、日本では茶席の花生として、茶人たちにたいへん愛でられてきました。シンプルな造形に点々とはいった鉄斑模様が、とてもお洒落で上品です。素晴らしいお品物を買取依頼いただきまして、誠にありがとうございました。

こうした中国陶磁の茶道具は、鑑定によって買取価格は大きく変わってございます。藝品館は中国陶磁の鑑定を得意としています。価値のわからないものでもぜひ一度、お気軽にご相談くださいませ。

蔵整理での掛軸などの骨董品を買取しました

八戸市より蔵の整理の際出てきた骨董品を買取してほしい、とご依頼いただき掛軸や彫刻品、刀装具、莨盆などの骨董品を買取させて頂きました。どれも時代のある骨董品で価値あるお品物でしたが、今回特に高く評価させて頂きました骨董品は明治から昭和にかけて活躍した木村武山(きむらぶざん)の花鳥画掛軸です。親しみを感じさせる優美な姿の鳥が特徴的な作品です。
武山は岡倉天心に師事し、横山大観や下村観山などと共に日本画の近代化を目指しました。作風もその時代背景をしっかりと感じさせます。希少な掛軸です。
お譲り頂きまして誠にありがとうございました。

中川一政の絵画などを買取しました

青森市にてご先代様が遺した骨董品とのことで様々なお品物があり、絵画銀製品、時計、襟章、洋画などの骨董品を買取させて頂きました。今回特に高く評価致しました骨董品は、洋画家・中川一政(なかがわかずまさ)の薔薇を描いた油彩画です。椿や薔薇などの花は、晩年まで中川が好んで描いたモチーフのひとつです。迷いがなく堂々とした筆致、率直な描き方でありながら、薔薇の麗しさもにじみ出ている、そんな素敵な逸品です。
貴重な絵画を買取させて頂き誠にありがとうございました。

日本刀や刀装具など買取しました

弘前市にて日本刀や刀装具、象牙製品、銀急須などの骨董品を買取させていただきました。
数十年前にお客様がご親族様より一本の日本刀を譲り受け、その後ご自身でも日本刀を蒐集するようになったとのことでした。今回はコレクション整理のため私ども藝品館へ査定・買取のご依頼をいただきました。買取させていただきました日本刀のうちの一本は、室町時代の名工・村正の短刀でした。
村正の妖刀は「折れず曲がらずよく切れる」と名高く、大変価値の高い日本刀です。地鉄・刃文・鋒、どの部分をとっても見応えのある魅惑に溢れた刀でした。
今回は、他買取業者と相見積もりのご予定と伺っておりましたが、査定にあたってお話していくなかで鑑定・査定額ともにご納得いただき、その場で買取のご依頼をいただきました。
この度は、お客様の大切なコレクションを鑑定・買取させていただきまして誠にありがとうございました。

禾目天目茶碗など茶道具の買取をしました

弘前市にて
茶碗や茶釜、風炉、鉄瓶、柄杓、建水、茶入等、様々な茶道具を買取させていただきました。
茶釜の一つは人間国宝の釜師・角谷一圭の釜で、気品のある佇まいが大変美しい逸品でした。

また、深い青緑と茶、黒釉が織りなす複雑で神秘的な中国・建窯の禾目天目茶碗も、非常に価値のある古美術品ですので、高く評価させていただきました。
中国陶磁器はクオリティの高い贋物も多く出回っており、鑑定はとても難しい古美術品です。中国の古陶磁の鑑定を藝品館は得意としておりますますので、今回藝品館をご指名頂き、価値ある古美術品を買取させていただくことになり、大変感謝いたします。ありがとうございました。

茶道具や掛け軸を買取しました

茶道具も掛軸も長年、箱のまま御蔵にしまってあり、埃をかぶっているので大丈夫でしょうかと弘前市のお客様よりご相談を受けておりました。査定の際拝見いたしましたが、箱の中の茶釜や茶碗などは江戸時代の古いものであるにもかかわらず、大きな欠けや直しもなく、状態の良いものでした。
また掛軸は、地元の画家による山水画や人物画などが中心で、虫食いが若干ございましたがこちらもまた貴重なお品物でした。
この度は私ども藝品館へ査定買取のご依頼をいただき誠にありがとうございました。

蒔絵漆器など買取しました

八戸市より今回ご依頼頂きました骨董品の中には漆器の短刀箱がございましたが、蒔絵の家紋が配置された意匠で、凛とした雰囲気が大変魅力的な蒔絵漆器でした。
漆器は傷のつきやすいデリケートな骨董品ですので、多少の傷があるのみの綺麗な状態で受け継がれてきたものは大変価値がございます。この度は秀逸なお品物をお売りいただきまして誠にありがとうございました。

青森ゆかりの美術作家・関連人物

  • 工藤甲人
  • 小館善四郎
  • 今純三
  • 佐野ぬい
  • 奈良岡正夫
  • 奈良美智
  • 成田亨
  • 鳴海要
  • 棟方志功
  • 村上善男

青森の買取品目例

など、骨董品・美術品全般の買取をいたしております。詳細な品目例は買取品目の一覧にも記載しております。

ご先祖様の残したものや、遺品・譲り受けたものなどで、作家のわからないもの、骨董品・美術品なのかどうかもわからないといった場合でも、お気軽にお問い合わせください。また、記載の作家・品目でございましても、状態・真贋などによりましては対応できない場合がございますがご容赦ください。

まずはメール、またはお電話をお待ちしております。お気軽にご相談ください。