下村観山作品の買取について

藝品館では下村観山作品の買取査定を行っております。
下村観山の日本画・絵画掛軸屏風等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

下村観山という人物

下村観山 (しもむらかんざん 1873-1930) は明治から昭和初期に活躍した和歌山県の日本画家です。
本名は晴三郎。はじめ狩野芳崖に、そして芳崖没後は芳崖の親友である橋本雅邦に師事しました。
東京美術学校(現・東京藝術大学)を第一期生として卒業後、同校で教えておりましたが、1898年に岡倉覚三(天心)が野に下ったときに行動を共にし横山大観、菱田春草とともに日本美術院の創設に参加しました。1917年、帝室技芸員となりました。