宇治市の骨董品買取・古美術品の鑑定査定について

京都府宇治市骨董品買取は藝品館へおまかせ下さい。

当館は宇治市全域で出張査定無料です。お取引が成立しなかった場合に、出張査定・鑑定料などの費用を請求することはございませんのでご安心下さい。また他店で鑑定の難しいものでも対応可能です。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

骨董品に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。
また京都府のその他各地域でも出張買取対応しております。

骨董品の買取における藝品館の強み

創業六十年の老舗だからできる販売網で買取価格に強みがあります。

骨董品は一点物であるため、ご所望するお客様の多さで価格が大きく変わります。老舗だからこそ多様なお客様の、様々なご要望をお受けしているからこそできる高価買取です。

必ず目利きが伺います。

専門の目利き鑑定士が一点一点丁寧に鑑定し査定買取いたします。骨董品は対象範囲も広く専門店でないとできない買取価格及び鑑定法がたくさんあります。当店は同業他店からも鑑定依頼を多数受けており専門的なご説明や対応も可能です。またご依頼主のご希望に沿った売却方法を精査し一番良い形を提案します。

当館だけの特別な売買データの蓄積や、江戸時代からの絶版となっている鑑定用専門書籍や来歴調査を行うことにより他店にはできない付加価値をつけ、より最良の買取価格及び換金可能額を提案致します。
相続時の査定でも根拠ある価格資料のもと査定見積書を作成可能です。

宇治市の古美術品・骨董品

宇治市は宇治川を中心に古くより政治・交通の要として、また貴族の別荘地として京都の文化に寄り添ってきました。
鎌倉時代には明恵により茶が伝えられるとその産地として、江戸時代には隠元により黄檗山が開かれると共に煎茶をはじめとした多くの文化が伝えられ、古美術品や骨董品に関してゆかりの深い土地でもあります。

黄檗宗の大本山・萬福寺は宇治市にあります。中国から来た禅僧・隠元隆琦によって1661年に開かれ、書で有名な同じく中国出身の木庵が法統を継承しました。
隠元は煎茶道の祖でもあり、境内にある売茶堂には黄檗宗の僧で煎茶道中興の祖である売茶翁の像が安置されていることから、中国から伝わった煎茶ゆかりの地として毎年5月下旬ごろに煎茶道の諸流派が集まって全国煎茶道大会が行われています。

また宇治は日本を代表する古典長編小説源氏物語の主な舞台になった場所として有名です。
宇治市のランドマークの1つである宇治橋のそばには著者の紫式部の銅像が建てられています。宇治橋は瀬田の唐橋と山崎橋とともに日本三古橋とされ、最初に建造されたのは646年とされる由緒ある橋となっています。この宇治橋やその下を流れる宇治川は冒頭シーンの「橋姫」、そしてエンディング部分の「夢浮橋」をはじめとして源氏物語のストーリーにおいて重要なシーンにたびたび登場しています。
このような源氏物語ゆかりの地として、宇治橋からほど近い場所に源氏物語ミュージアムがあり関連常設展示のほか関連する特別企画展も定期的に行われています。

一方、宇治市の文化財として忘れてはならないのが、現在10円硬貨に描かれている建物としても有名な平等院鳳凰堂です。
この平等院鳳凰堂は藤原氏による摂関政治の最盛期に関白を務めた藤原頼通が平安時代後期の1053年に建立した阿弥陀堂で、平安時代摂関政治期の華やかな建築文化を現在に伝える貴重な建造物として国宝に指定されています。鳳凰堂は池の中に作られた中島に建てられ、極楽浄土の宮殿をイメージさせます。中には定朝によって制作された寄木造漆箔の国宝阿弥陀如来像が本尊として安置されており、それをとりまくように楽器を演奏したり合掌したりしているさまざまな形の雲中供養菩薩像が壁に配置されています。
ちなみに鳳凰堂の名は江戸時代初期からのもので、建物の姿が左右に羽を伸ばした鳳凰のように見えることと、屋根の上にある1対の鳳凰がその由来であると言われています。

宇治市ゆかりの美術作家・関連人物

  • 隠元隆琦
  • 藤原頼通
  • 源頼政
  • 木庵性瑫

その他、宇治市ゆかりの作家に問わず、古美術品・骨董品の査定買取対応しております。
買取対応作家もご覧ください。

宇治市の買取品目例

など、骨董品・美術品全般の買取をいたしております。詳細な品目例は買取品目の一覧にも記載しております。

ご先祖様の残したものや、遺品・譲り受けたものなどで、作家のわからないもの、骨董品や美術品なのかどうかもわからないといった場合でも、お気軽にお問い合わせください。また、記載の作家・品目でございましても、状態・真贋などによりましては対応できない場合がございますがご容赦ください。

まずはメール、またはお電話をお待ちしております。お気軽にご相談ください。

古い蔵

このたびは骨董品買取の藝品館へお越しいただき、誠にありがとうございます。

骨董品には一点物が多く、また時代や流通により価値が大幅に変わります。
当館には江戸時代からの莫大な数の骨董品に関する資料があり、さらには最新のコンピューターネットワーク等を駆使した数百万点にも及ぶ骨董品売買データベースに基づきまして、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示できると自負しております。

評価額に自信がございますので、相見積もり(査定価格比較)も歓迎いたします。

骨董品データベース

骨董品についてのご相談は藝品館へ、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせいただければ、パソコンからスマホから、フォームに沿って必要項目をご入力いただくだけで迅速に簡易査定させていただけます。
また当館からのご連絡方法は、お客さまのご都合で指定していただけます。

鑑定・査定
メールで無料お問い合わせ

電話受付時間 9:00 ~ 20:00
メールやLINEでの受付は24時間承っております。

買取・無料査定のご依頼から各種ご相談まで、お気軽にご連絡ください。
買取方法の詳細につきましては買取査定の流れをご参照ください。

スマートフォンならタッチするだけ、フリーダイヤル

LINEでの簡易お問い合わせも承っております。

所有者・購入時期・作者名・売却のご予定やご希望価格など、なるべくご依頼・ご相談の内容がわかりますような詳細を添えてお問い合わせください。
また査定業務等の都合により、ご返答にお時間を頂く場合もございます。
予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

LINEアイコン LINEでお問い合わせ

ID: geihinkan

藝品館LINE QRコード

骨董品の買取は専門家へ

銀の香炉花瓶・鎌倉彫茶入れ棗・骨董品香炉

骨董品は、専門に扱う者でないとわからないものがたくさんございます。
引っ越しや相続、また遺品の整理などをするにあたって清掃業者が、先祖から受け継がれてきたり故人が大切にしてきた希少な骨董品を誤って廃棄してしまうケースなどもよくあり、買取の場合にしても、ブランド品などと複合して扱う買取専門業者やリサイクルショップなどと当店のような骨董品・美術品を専門に鑑定・査定する業者とでは、査定価格を比較すると一目瞭然の歴然とした差がございます。

骨買取の一例といたしまして、純銀製の煎茶道具である秦蔵六作の一般的な銀瓶の例を挙げてみましょう。
質屋やリサイクルショップでの買取は一般的に銀や金のものはグラムでの評価が通常ですので、純銀500グラムの銀瓶としますと、買取価格は1グラムあたり105円とすると、500グラムでの52,500円ほどになるでしょう。

しかし、骨董の煎茶道具には美術品としての価値がございます。
品物の状態にはよりますが、美術骨董品としてはおよそ、500,000円以上の査定評価額による買取ができます。
煎茶道具のみならず絵画、掛け軸など、すべての骨董品・美術品の分野でこのようなことはございますので、まずは一度ご相談いただければと思います。
また、

骨董品は、美術品としての適切な評価がなされなければ、保存状態もままならぬまま価値を失ってしまったりします。
文化財や残すべき歴史的な文物がそういう道を辿ってしまうのは、非常に悲しいことです。

藝品館では、お客さまの大切な骨董品の価値・評価を高め、次の時代に繋げていくことが、私どもの果たすべき責務だと考えております。
従業員一同、誠心誠意対応させていただきますので、ぜひともお任せ下さい。

中国骨董品

骨董・古美術とは

骨董や古美術、それぞれ意味や定義はございますが、それらの言葉に抱くイメージは皆様それぞれではないでしょうか。
時代や作者、文化・思想などは当然の事ながら、それらを伝え、残してきた方々の思いがあり、古美術品や骨董品と呼ばれます。
そしてそれらの品々の価値をを見極め、引き継ぎ、伝えていくことが藝品館の務めです。
価値がわからない、骨董品・古美術品と呼べるものかわからない、そのようなものでもぜひ一度、私どもにご相談下さい。

藝品館では古美術品・骨董品の買取に力を入れております。日本全国、査定鑑定対応いたします。
日本古来の古美術、先代のコレクション、収集品を整理や相続で売却希望の方は御気軽にご連絡ください。
経験豊富な古美術商が適正な価格で買取させていただきます。

古美術の分野

など、古いものだがどうだろうか?と思うものでも御気軽に、まずはお電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください。

品物の状態や数量、お日にちなどを決めて専門の査定員がお伺いさせていただき、お持ちの売却希望の古美術品を査定させていただきます。
査定額にご納得いただけましたら買取させていただきます。

埃だらけでもこんなものが?というものが、思わぬ高額査定になり高価買取となることがあります。
特に掛け軸・墨蹟や古陶磁などの古美術は、蔵などでそのままになっていたり押し入れにずっとしまわれている場合が多いです。数量の大小にかかわらずご質問でも構いませんので御気軽にご相談くださいませ。