京都市上京区の骨董品買取・古美術品の鑑定査定について

京都市上京区骨董品買取は藝品館へおまかせ下さい。

当館は上京区全域で出張査定無料です。お取引が成立しなかった場合に、出張査定・鑑定料などの費用を請求することはございませんのでご安心下さい。
公的機関や法人様、弁護士様・税理士様など士業の方からの相続等の美術品評価査定も承っております。

骨董品に関するご相談はぜひ一度、お気軽にご相談・お問い合わせください。
また京都府京都市のその他各地域でも出張買取対応しております。

京都市上京区の古美術品・骨董品

京都市上京区には京都御所があり、織物によって古代より栄えた西陣の伝統家屋や寺社仏閣も多く、貴重な骨董品や古美術品また多く残されています。国宝建築物として大報恩寺本堂と北野天満宮本殿・石の間・拝殿及び楽の間があります。
大報恩寺本堂は千本釈迦堂とも呼ばれる和様の鎌倉期寺院建築です。北野天満宮の本殿などの建物は豊臣秀頼による江戸初期の建築で権現造となっています。北野天満宮には国宝の北野天神縁起絵巻・承久本が所蔵されています。また、区内の相国寺には狩野光信の筆による鏡天井の鳴き龍のほか、国宝の無学祖元墨蹟無学祖元墨蹟など多くの寺宝があり、境内に承天閣美術館があります。

また、上京区には桃山時代の初代長次郎と田中宗慶以来、樂焼を継承してきた樂家があります。現在は第15代樂吉左衞門・直入によって創作活動が行われています。また、西陣には、応仁・文明の乱以降に織手が集まって西陣織が生まれました。明治初期にフランスのリヨンに派遣された佐倉常七・吉田忠七・井上伊兵衛の尽力でジャカード機械織機が輸入され、近代の西陣は絹織物の先進地となりました。
上京区の樂家窯元の隣には樂美術館があります。樂家第14代吉左衞門・覚入によって開設され、樂歴代による作品のほか樂家に伝わる茶道工芸美術品や関係古文書などを集めて所蔵・展示されています。

京都市上京区での古美術品・骨董品買取実績

京都市上京区にて買取りさせていただきました骨董・美術品をご紹介します。

京都市上京区での買取実績一覧

※骨董品・古美術品の性質上、全くの同一作品というものはなく、真贋はもちろんのこと状態や出来、その時折々の人気など様々な要素によって骨董品や美術品の価値・価格は変化します。

また、それらの要素を豊富な経験や実績、昨今のデータと照らし合わせて、お客様の品物一つ一つを適切に買取査定するのが私どもの役目でもあります。
買取事例の一つとして、あくまで参考価格とお捉えください。

京都市上京区ゆかりの美術作家・関連人物

その他、上京区ゆかりの作家に問わず、古美術品・骨董品の査定買取対応しております。
買取対応作家もご覧ください。

京都市上京区の買取品目例

など、骨董品・美術品全般の買取をいたしております。詳細な品目例は買取品目の一覧にも記載しております。

ご先祖様の残したものや、遺品・譲り受けたものなどで、作家のわからないもの、骨董品や美術品なのかどうかもわからないといった場合でも、お気軽にお問い合わせください。また、記載の作家・品目でございましても、状態・真贋などによりましては対応できない場合がございますがご容赦ください。

まずはメール、またはお電話をお待ちしております。お気軽にご相談ください。