伊東深水作品の買取について

藝品館では伊東深水作品の買取査定を行っております。
伊東深水の美人画等、日本画・絵画掛軸等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

伊東深水という人物

伊東深水(いとうしんすい 1898-1972) 美人画の作品で高名な日本画家です。
東京深川に生まれ、13歳で鏑木清方に師事。16歳で院展に、その翌年には文展に入選し、早くから頭角を現しました。帝展や新文展、日展を中心に作品を発表し活躍。
国内のみならず海外の日本美術展にも出品を重ねるなど、日本画壇を代表する画家として高名です。

日本芸術院会員。従四位。

伊東深水の作風

伊東深水は主に人物画と風俗画を制作しましたが、特に美人画で名を知られております。
着物姿や洋装の大正・昭和の快活な淑女を、濃淡をきかせた無垢な線と、鮮やかで柔らかい色使いで描きました。

東京国立近代美術館・埼玉県立近代美術館・茨城県近代美術館・山種美術館・岐阜県美術館・MOA美術館・西宮市大谷記念美術館などに作品収蔵がございます。