狩野正信作品の買取について

藝品館では狩野正信作品の買取査定を行っております。
狩野正信の日本画・絵画掛軸屏風等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

狩野正信という人物

狩野正信 (かのうまさのぶ 1434-1530) は室町時代中期に活躍した伊豆国(静岡県)生まれの画家で、彼以降、狩野家が代々画家として活躍したことから狩野派の祖とされる人物です。

正信は小栗宗湛のもとで画技を学び、宗湛の死後に、その後を継いで室町幕府の御用絵師となりました。
七代将軍の足利義政から重用され、東山山荘(現在の銀閣寺)の瀟湘八景・耕作図や東求堂の十僧図涅槃図を制作するなど幕府関連の作品を多く遺しています。ほかにも周茂叔愛蓮図布袋図山水人物図など多数の作品があります。
このように、幕府の御用絵師としてさまざまな題材や画法を用いた作品に臨む機会を得たことで、元信は水墨画を中心とした漢画や大和絵の画技など幅広い技術に通じるようになり、狩野派の基礎が築かれました。