王一亭/王震作品の買取について

藝品館では王一亭作品の買取査定を行っております。
王一亭の書画・掛軸・中国絵画等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。
経験豊富なスタッフや中国美術専門家が責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

王一亭という人物

王一亭/王震 (おういってい/おうしん 1867-1938) は中国清代~近代の実業家であり書画家です。
名は震。号には白龍山人など。
若い頃より銀行員として働く傍ら、外国語の習得に励んだ王一亭は、その後上海で数々の商社・金融界において買弁や要職を務め、実業家として大きな成功を収めました。政治にも深く関わり、中国同盟会において革命派として、また中華民国においても王一亭は資金面の援助や財務方面の任を務めました。
敬虔な仏教徒としても知られ、王一亭の書画を売って得られた収益の多くは慈善事業に充てられたと言われます。
関東大震災の折に、上海にて王一亭らによって組織された救援活動による物資は、諸外国からの救援に先駆けて日本へと届けられました。
かねてより商取引で度々日本には訪れており、知人・友人も多く親日家であった王一亭の作品は、日本にも多く残されており、京都国立博物館やふくしま書道美術館にも収蔵されております。

王一亭の作風

若いころより書画に強い興味を持っていた王一亭は画を任伯年より学び、後に師であり永きに渡り親交をもった呉昌碩からの影響をその画風に大変強く受けております。幾つかの作品には模写にも近いその技法に一見の差異はなく、王一亭の画に呉昌碩により落款された、代作といわれる作品も存在しております。
花卉を好み、花鳥画・山水画・人物画いずれにも能く、王一亭晩年の作品には仏画を多く残しました。