狩野探幽作品の買取について

藝品館では狩野探幽作品の買取査定を行っております。
狩野探幽の日本画・絵画掛軸屏風等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

狩野探幽という人物

狩野探幽 (かのうたんゆう 1602-1674) は江戸時代初期の京都生まれの狩野派画家で、江戸狩野を確立した人物として知られています。

正信は狩野永徳の孫であり、父は狩野孝信です。狩野派の拠点であった京都から江戸に移り、江戸幕府の御用絵師となりました。
当初は二条城二の丸障壁画松鷹図のように祖父永徳の豪放な表現を継承しようとしましたが、のちに一線を画し、瀟洒(しょうしゃ)で淡白な画風へと変化しました。このような新たな画風の確立により、「江戸狩野」の基礎が築かれることとなりました。大徳寺本坊の障壁画山水図は探幽の画風が完成された作品であるとされています。
また、儒教を画題に取り入れたこともあり、探幽の画風は武士たちの好みに合致しました。そのため、各地の諸大名が狩野派の絵師を招き、地方でも狩野派が繁栄することになりました。