豊臣秀吉作品の買取について

藝品館では豊臣秀吉作品の買取査定を行っております。
豊臣秀吉の書状・書簡・書画・掛軸等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

豊臣秀吉という人物

豊臣秀吉 (とよとみひでよし 1537-1598) は戦国時代および安土桃山時代の武将・関白・太閤であり、いわずと知れた天下人です。

日本の歴史上、最大の大出世を果たしたことで有名な豊臣秀吉は1537年尾張国中村卿(現・愛知県名古屋市中村区)に生まれたとされています。
戦国時代から天下統一を導いた三英傑の織田信長、徳川家康と違って出自は明らかにされておらず、親の職業は足軽や農民など未だに解明されていません。

そんな秀吉が天下統一を果たす人物まで上り詰めたのは、尾張国から天下統一目前まで勢力を伸ばした織田信長に仕えていたためです。
実力主義だった信長は、出自が他の武士と違ってあまり良くなかった秀吉を人柄の良さから数々の戦で重役として活用しました。信長の草履を秀吉が懐に入れて温めていた気遣いに感動したエピソードは秀吉の出世第一歩として有名です。
また、秀吉は信長から任された戦で、人の采配がとても上手で必ず勝利に導いていたと言われています。このような忠誠心の高さから信長の右腕として存在感を高めていきます。

1582年、仲間であった明智光秀の謀反、本能寺の変で信長が自害すると中国地方で戦の準備をしていた秀吉はすぐさま上京し、明智光秀を討ちました。
信長の死後、秀吉が台頭し天下統一を目指しますが、2度の朝鮮出兵により周囲から不満を招きかつてのカリスマ性は消えつつありました。同じ時期に天下統一の座を狙った徳川家康とは睨み合いをしながらも直接的な対立はなく、1598年その生涯を終えました。
死の直前に、家康ら当時の権力者を集めて自身の子、秀頼を後継者にして豊臣家の天下統一を託しましたがその願いが叶うことはありませんでした。