長谷川等伯作品の買取について

藝品館では長谷川等伯作品の買取査定を行っております。
長谷川等伯の日本画・絵画掛軸屏風・襖絵等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

長谷川等伯という人物

長谷川等伯 (はせがわとうはく 1539-1610) は能登国(石川県)生まれの桃山時代を中心に活躍した、狩野永徳・海北友松とならぶ当時を代表する画家です。

等伯ははじめは能登で信春と称し、仏画や肖像画を描いていました。その後、上洛してもろもろの流派の画法を学び、名も等伯と改めます。
その中で、雪舟や牧谿などの画風に学んで影響を受けながら、さらに狩野派の画風も取り入れて日本独自の水墨画様式と颯爽とした金碧画様式を完成させました。こうして等伯を祖とする長谷川派が確立し、狩野派とならぶ流派となりました。等伯の話を日通が筆録した等伯画説は、日本で初めての画論です。
代表作品としては、まず水墨画として松林図屏風枯木猿猴図があり、金碧障壁画として智積院楓図などがあります。