中川浄益の茶道具買取について

藝品館では中川浄益(中川淨益)作品の茶道具を買取査定を行っております。
中川浄益の薬缶・湯沸・蓋置など金物茶道具、銀瓶・鉄瓶の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。
経験豊富なスタッフや茶道具の専門家が責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

他の作家作品の茶道具の買取も行っております。

中川浄益とは

中川浄益(なかがわじょうえき)は、千家十職の金物を作る職家です。
大西清右衛門が担当する茶釜もまた、金属工芸ではありますが、中川浄益は主に銅合金を用いた金属工芸を担当しました。中川浄益は、唐銅、胡銅こどう砂張さはり毛織もうるで作られた手前道具、水屋道具を作りました。

中川浄益のはじまり

中川家は越後国高田郡佐味郷(現在の新潟県上越市)の家系で、代々甲冑や鎧などの武具の制作をしていました。
初代・中川紹益は天正年間(1573-92)に京都に上京し、千利休に遇され茶の湯道具を作り始めました。天正15年(1587)、豊臣秀吉が北野大茶湯を主催することになり、この大茶会で用いる薬鑵やかん(薬缶)の制作を、千利休は初代・中川紹益に依頼したのです。
こうして完成した初代紹益の薬鑵は、利休形腰黒薬鑵として継承されることになりました。

なお中川浄益は、千家十職の中でも千家との付き合いが最も古い職家です。

茶の湯で用いられる金属工芸品は、もともと仏具に用いられた花入、香炉、香合、燭台、銅鑼などを原型としています。中でも銅器は、格式のある厳かな道具として、もともと真行草のなかでは真の道具に定められていました。
しかし、草の茶を志し、侘び茶をつくり上げた千利休は、真の道具の読みかえを行いました。本来、金属製の水差しや花入を用いるところを、木地や竹製のものを用いたのです。そのような流れの中で、金物師・中川家初代との付き合いが始まったのです。

中川浄益歴代

初代 中川紹益
紹高 永禄2年~元和8年(1559-1622)
二代 中川浄益
重高 文禄2年~寛文10年(1593-1670)
三代 中川浄益
重房 正保3年~享保3年(1646-1718)
四代 中川浄益
重忠 万治元年~宝暦11年(1658-1761)
五代 中川浄益
頼重 享保9年~寛政3年(1724-1791)
六代 中川浄益
頼方 明和3年~天保4年(1766-1833)
七代 中川浄益
頼実 寛政8年~安政6年(1796-1859)
八代 中川浄益
紹興 文政13年~明治10年(1830-1877)
九代 中川浄益
紹芳 寛永2年~明治44年(1849-1911)
十代 中川浄益
紹心 明治13年~昭和15年(1880-1940)
十一代 中川浄益
紹真 大正9年~平成20年(1920-2008)