狩野山楽作品の買取について

藝品館では狩野山楽作品の買取査定を行っております。
狩野山楽の日本画・絵画掛軸屏風等の売却や鑑定をお考えの際は、是非お気軽に当館へご相談ください。責任ある評価・査定を行い、現在の流通価格に沿った適切な買取価格をご提示いたします。

狩野山楽という人物

狩野山楽 (かのうさんらく 1559-1635) は桃山時代から江戸時代初期に活躍した、当時の狩野派を代表する近江国(滋賀県)生まれの画家です。

山楽は浅井長政の家臣であった木村長光の子で、のちに豊臣秀吉に仕えました。そして、秀吉の推挙により狩野永徳の弟子となります。永徳の死後には狩野派を代表する画家として活躍しました。
永徳が東福寺法堂の天井画蟠竜図(焼失)を制作中に病に倒れると、山楽が引き継いで完成させましたが、これは山楽が永徳の画風の正統な継承者であることを示すエピソードであるとされています。伏見城の障壁画の制作にあたっても、大きな役割を果たしたと考えられます。
江戸時代に入って狩野派の画家たちが次々と拠点を江戸に移すなか、山楽の家系は継続して京都に残ったことから、山楽の系統を「京狩野」と呼びます。